一般歯科

Top > 診療案内 > 一般歯科

診療案内

一般歯科

一般歯科

審美歯科 

矯正歯科 

予防歯科 

虫歯治療

虫歯は進行度合いによって治療法が異なってきます。虫歯が大きくなると治療にも時間がかかりますので、気になる症状がありましたら早めに受診してください。

C0
虫歯になる一歩手前の状態

歯の表面に着色が見られますが、歯に穴は開いてない状態で痛みなどもありません。

C1
初期の虫歯

歯の表面のエナメル質または象牙質の表面が冒された程度です。自覚症状はほとんどありません。

C2
虫歯が象牙質の大部分まで進行

冷たいものがしみたり、甘いものを食べると痛みを感じたりするなど自覚症状があります。

C3
虫歯が神経まで進行

虫歯が神経まで進行して細菌の為に炎症がおきます。神経が冒されているので激痛に悩まされます。神経をとる必要があります。

C4
根の部分だけ残っている状態

歯冠(歯の上の部分)が虫歯で崩壊しています。歯冠の回復が困難な場合は抜歯しなければいけなくなります。

歯周病治療

歯周病は歯を支えている周りの組織(歯ぐき、骨など)の病気です。ほとんど痛みがないまま進行していきます。定期的に受診することをお勧めします。

G
歯肉炎

歯ぐきが赤く炎症をおこしている状態です。歯を支えている骨は破壊されていません。歯磨きや固いものを食べると、出血しやすくなります。

P1
軽度歯周病

歯ぐきの炎症が進行していくと歯と歯ぐきがくっついている組織が破壊されていき、歯周ポケットができ、歯を支えている骨も溶け出します。

P2
中等度歯周病

骨が溶け、根っこの部分が露出してくることにより冷たいものや熱いものがしみることもあります。口臭もひどくなり、歯もグラグラしてきます。

P3
重度歯周病

骨がほとんどなくなり、根っこが露出しています。歯石がポケットの深くに付着するので歯茎が腫れたり、膿が出てきたりします。歯を支える骨がなくなれば歯が抜けてしまいます。


TOP